台風26号(2018)が日本に来るのはいつ?進路や影響をチェックしてみた

防災

 

どうもこんにちは。

今年は非常に多くの台風が
やってきて、各地に甚大な
被害があったというのは、
皆様の記憶に新しいと思います。

しかし台風の季節である9月は
既に終わり、台風がもう
やってくる事はないと
思われていた今、台風26号が
日本のはるか南の海域で発生
したというニュースが
入ってきました。

もう何回も台風にやられた
日本列島ですから、また台風の
ニュースが来た時、また日本に
来るのではないかと心配に
なった人も多いでしょうし、
今から不安という人もいる
事でしょう。

10月22日に発生した台風26号の
進路は日本に向いているのか、
日本への影響はあるものなのか。

今回はその事について、
現状わかっている事を
書いていこうと思います。

台風26号、発生

画像元・https://weathernews.jp/s/topics/201810/210195/

台風21号、台風24号、台風25号に
よって甚大な被害を受けた日本列島。

毎日のように台風のニュースが
来ては、台風の進路が日本に
向かっているという話がされて、
実際に台風たちはすべて日本を
縦断し、各地に激甚な被害を
もたらしました。

今年は台風が出来る度に日本に
やってきたものですから、
台風が出来ればまた日本に来ると
思いそうになります。

そんな中で、ウェザーニュースが
日本の遥か南で台風26号が
誕生したという報道をいたしました。

それによりますと、その台風の
性質は以下の通りになっているとのこと。

▼台風26号 10月22日(月)3時

 存在地域   マーシャル諸島近海

 大きさ階級  //

 強さ階級   //

 移動     西 15 km/h

 中心気圧   1002 hPa

 最大風速   18 m/s (中心付近)

 最大瞬間風速 25 m/s

https://weathernews.jp/s/topics/201810/210195/より引用

この台風はまだ生まれた
ばかりで、勢力は現段階では
21号や24号、25号には達しない
程度のものであるとのこと。

それでもこれから成長する
可能性もあるのですから、
本当に油断が出来ません。

台風26号は日本に来る?

そして気になってくるのは、
この台風26号が日本に
やってくるのかどうか
ですよね。

三つの台風で散々な目にあった
のですから、日本の南で台風が
起きたと聞いたら、真っ先に
日本に来るのではないかと勘繰ります。

しかしウェザーニュースに
よりますと、日本の南には
ジェット気流が日本を守る
ような形で発生しているため、
これが台風26号の日本への
接近を防ぎ、上陸を阻止する
という見解を出しています。

10月の終盤から11月に
かけてに台風が来たなんて
言う話はめったにありませんから、
台風26号は日本には来ないのでは
ないかと考えても良さそうではありますね。

日本への影響はあるのか?

しかし、いくら日本にこないと
いえど、何かしらの影響がある
のではないかと思うのが普通ですよね。

台風が接近してくると、高確率で
フェーン現象が発生、
温められた大気が日本へやってきて、
季節外れの高温が発生する事があります。

今のところ台風26号の進路は
不明ですが、日本へ近付いて
きた場合は、このフェーン現象が
起こる事が予想できます。

しかし、季節は既に秋の中盤から
終わり頃ですから、夏みたいに
気温が上がったりはせず、
丁度行楽に丁度いいくらいの
気温になるのではないかと思います。

外が暖かいと外出しやすく
なりますから、もしフェーン現象が
起きたなら、その日は絶好の
行楽日和になるかもしれませんよ。

最後に。

流石にもう台風が来ることは
ないと思いたいですけれど、
こう何度も何度も台風が来た
ものですから、また台風が来て
各地を襲うのではないかと
警戒しそうになります。

一応ニュースでは台風が来る
確率は極めて低いという報道が
されてますが、それでも
何らかの準備や対策はして
おいた方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です