灯油が高いのは2018のいつまで?2019冬には値下げする?価格はどうなの

ニュース

 

 

どうもこんにちは。

季節が冬に向かっている事もあってか、
最近寒くなってきましたよね。

皆さんの仲には暖房を使って
いるという人も多いと思いますし、
中には石油ストーブや石油ファン
ヒーターを使って暖を取っている
という人もいる事でしょう。

そんな石油ストーブや石油
ファンヒーターを動かすには、
灯油が必要になりますけれども、
ガソリンスタンドなどに
行ってみると、これがまた高い。

一回の給油だけでもかなりの
お金を取られてしまう事から、
灯油のせいで生活費がきついと
思う方も出てきていると思います。

これからの季節は確実に必要に
なる石油ストーブを動かすための
灯油がいつまでこんなに高いのか。

今回はこの灯油の値段が今後
どうなるかなどを、予想して
いこうと思います。

灯油が高いよ。

ガソリンスタンドに行ってみると、
嫌でも目に入るのは灯油や
その他ガソリンの値段ですよね。

今年に入ってからというもの、
120円~130円代だったガソリンは
どんどん値上がりしていき、現在は
一時期よりも30円も高い154円に
なってしまっています。

値上がりだけがどんどん続き、
値下げが一向に起こらない事から、
車のガソリンに頭を悩ませた
ドライバーの方は多かったことでしょう。

しかしこの値段の問題は
ガソリンだけに終わっておらず、
灯油にまで及んでいる有様です。

気になるその値段は1,681.5円/18ℓ

。一時期に比べるととんでもない
と言いたくなるような値段ですから、
これから灯油を使いたいという方に
とっては冗談じゃない事になっています。

どうしてこんなに高いのか。

どうしてこんなに灯油が高いのか
と言いますと、原産国に問題があります。

ガソリンや灯油といった石油の
原産国はベネズエラとかシリア
とかですが、そこは現在かなりの
情勢混乱が起こっており、石油の
減産の方針を固めていました。

石油がそもそも生産されて
いないから、こんなに値段も
吊り上がってしまっている
というわけです。

あまりに値段が下がらず、
寧ろ上がり続けているという
事から、最早オイルショック
なるのではないかなんて
話さえも出ています。

いつまで高いのか。

この灯油がいつまで高いのか
という話ですけれども、一応
これら石油の原産国は2018年末
まで減産し続けるという事らしく、
2019年からはその限りではなくなる
との事です。

なので、この灯油の高騰は2018年
いっぱいは続いてしまうと思って、
覚悟を決めるしかないようです。

日本でも石油が取れればいいんです
けれども、生憎そんな地理では
ありませんので、どうしようも
ないという事です。

それでも、2019年には灯油や
ガソリンの値段が下がって
くれるという話は存在している
みたいですから、2019年からは
灯油やガソリンの値段が家系に
それなりに優しくなると思っても
いいのかもしれません。

対策はあるのか。

普通に買うと非常に高い灯油
ですが、そんなにお金を払わないで
買いたいというのが本望ですよね。

実は若干ではあるものの、
灯油を安く買う方法は存在します。

それは

 

  • 店頭で灯油を買う

 

  • ホームセンターで灯油を買う

 

 

の二つです。

灯油を買う場所と言ったらガソリン
スタンドというイメージがありますが、
実はホームセンターでも買う事が出来まして、
場所によってはホームセンターの方が
ガソリンスタンドで買うよりも安く灯油が
買えちゃったりします。

そして灯油配達サービスもありますが、
それは送料がかかるので、結局お金が
かかってしまいます。

なので、店頭で買って車に詰め込んで
持ち帰るというのが、一番安く買う
方法になるのですよ。

ちなみにガソリンスタンドしかない
という場合は、セルフスタンドを
利用する事で、普通に買うよりも
安く灯油を買う事が可能です。

灯油の値段はしばらく下がる気が
ないみたいなので、出来る限り
安く買う手段を講じるしかなさそうですな。

最後に。

ガソリンの値段が下がらない事から、
非常に生活に困っているという人も
中にはいらっしゃると思います。

しかし、このガソリンと灯油の
高騰は2019年には終わるという
話ですので、もう少しの辛抱です。